JPTSA会則

第1章 総則


第1条(名称)本会は日本理学療法学生協会(JPTSA:Japanese Physical Therapy Student Association)という。
第2条(目的)本会は学生が主体となった交流の中で研鑽を深め、理学療法学生としての視野の拡大、意識・知識の向上を目指すことを目的とする。
第3条(事業)本会は前条の目的を遂行するために、次の事業を行う。
   @ 総会、支部大会、理学療法学生交流会の開催。
   A 会誌等の出版物の発行。
   B その他前条の目的を達成するために必要な事業。
第4条(所在地)本会の所在地は、本会会長宅に置く。

第2章 会員


第5条(種類)本会の会員は正会員および賛助会員とする。
   @ 正会員は、本会の目的に賛同し、本会が主催する事業に参加する理学療法士養成校の学生とする。
   A 賛助会員は、理学療法士養成校の学生ではなく、かつ本会の事業を援助する個人または団体とする。

第3章 役員


第6条(役員組織)役員組織である理事会は運営局、委員会、支部長から構成される。
@運営局:運営局は本会を運営する機関であり、会長・副会長・書記・会計部・広報部・渉外部から構成される。
・ 会長:会長は本会を代表する。
・ 副会長:会長を補佐する副会長を置くことができる。
・ 書記:本会が行う活動の記録をする。
・ 会計部:会計と会計監査からなる。会計は本会の預金口座等あらゆる会計を管理する。会計監査は決算を監査し、総会にて報告する。
・ 広報部:本会の広報活動を行う。
・ 渉外部:外部との連絡交渉を行う。
A委員会:委員会は本会の運営以外の活動を担当する機関であり、他職種連携部と国際部から構成される。 その構成員は本会の正会員とする。 委員会の設立は理事会にて決定するものとする。 各部の代表者1名は必ず理事でなければならない。
・ 他職種連携部:他の学生団体との連携を図る。
・ 国際部:国際的な活動を行う。
B支部長:支部長は各支部を総括する機関である。各支部の理事大学から1名ずつ選出される。

第7条(役員の任期・選出)
   @ 本会の役員の任期は1年とする。会長は他の役員と兼任できない。
   A 会長は、理事会の推薦により選出する。
   B 副会長は、理事会の推薦により選出し、会長が任命する。
   C 理事は、別に定める細則により選出される。
   D 幹事は理事及びそれに相当する者から選出し、会長が任命する。
   E 会長、副会長、理事は総会の承認を得るものとする。

第4章 会議


第8条(種類)会議は役員総会及び役員会議に分ける。
第9条(役員総会)役員総会は本会の議決機関であり、役員総会の議決は出席者の過半数をもって決し、賛否同数の場合は会長の決するところによる。役員総会は毎年1回、日本理学療法学生協会 総会時に開催する。
第10条(役員会議)理事会は本会の要務を審議し、会の運営にあたる。会長、副会長および理事、幹事および委員長をもって構成し、会長が召集する。理事会の成立には理事の過半数の出席(委任状を含む)を必要とする。理事会の議決は細則による。

第5章 会計


第11条(会計年度)本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
第12条(収入)本会の経費は各交流会の当日参加費、その他の収入を持ってあてる。参加費の額は各交流会運営委員会において決定し、細則に明示する。
第13条(監査)会計監査は毎年その年度末に本会の定める会計基準に則って決算を監査し、総会に報告する。

第6章 会則の変更


第14条(会則の変更)本会則を変更するには、役員総会もしくは役員会議で出席理事の3分の2以上の賛成を得なければならない。
第15条(設立年月日)本会の設立年月日は平成15年3月1日とする。

細則


第1章 会員


第1条(会費)会費は次の通りとする。
   総会、支部大会、交流会毎に各会運営委員会が定める参加額とする。

第2章 役員


第2条(理事の選出)理事は、理事会の推薦により新たに選出される。
第3条(委員会担当理事)理事会は本会の事業を行う委員会に担当理事をおく。
第4条(大会長)各会運営委員会より選出され、各会の一切の業務を統括する。大会長は、交流会終了後に次回大会長に事務引継を行って任期を終える。

第3章 会議


第6条(各会議の議決)各会議の議決は会議に出席している理事の3分の2以上の賛成を必要とする。

附則 本会則は平成20年3月18日より実施する。

附則 本会則は平成24年6月1日より実施する。

附則 本会則は平成25年3月3日より実施する。

附則 本会則は平成26年3月10日より実施する。

賛助会員規定
会計基準
inserted by FC2 system